印

実印の使い方と実印の持つ意味

そもそも実印とは何でしょうか? 実印とは自分が住民登録をしている区市役所に身分証明書と登録する印鑑を持参し、印鑑登録された印鑑を指します。実印の用途はとしては、金銭等の賃借契約書や遺産相続手続きに関する書類、生命保険金の受領等、重要な取引に使用されます。生活上の重要な取引として、銀行との取引もあります。
実印を銀行印として兼用されてる方もいらっしゃいますが、あまりお薦めできません。紛失等のトラブルが発生した時の手続きの煩わしさを考えれば、実印は前述の通り一生涯で何度も経験することのないような重要な取引のみに使用するに留め、よく利用する機会の多い銀行印は別に用意された方が良いでしょう。実印として登録する印鑑は100円ショップでも販売されている、いわゆる認め印でも法的には問題ありません。
しかし、重要な取引に使用する実印を、他人が簡単に同じ印鑑を入手できるようでは、実印として印鑑登録した意味が全くありません。一般的には、印章店で世界に一つしかないオリジナルの印鑑を作製してもらいます。また、銀行印もやはりオリジナルの印鑑を作製しておいた方が良いでしょう。とにかく、一番注意しなければならないのは、他人が同じ印鑑を使用して自分になりすまし不正な取引をすることです。これを防ぐための実印だということを覚えていてください。

ピックアップ

実印の使い方と実印の持つ意味

そもそも実印とは何でしょうか? 実印とは自分が住民登録をしている区市役所に身分証明書と登録する印鑑を持参し、印鑑登録された印鑑を指します。実印の用途はとし…

TOP