印

実印とはどのような素材で作るべきか

1)そもそも「実印」って何
実印とは、自分が住んでいる市区町村の役所に印鑑登録をして、受理されている判子のことです。実印は、公正証書や不動産登記、自動車の売買など法規制の絡む重要な取引を行うときに必要な判子です。市区町村に登録することで「印鑑登録証明書」を発行してもらい、使用時にあわせて提出することで実印であることを担保する必要があります。
2)「実印」にはどういう判子が適しているの
そもそも実印登録は、単純に判子を持って役所に行けばいいわけではなく、本人証明をするための身分証明書を提示した上で、印鑑登録を行う必要があります。この内容から分かるように、(当たり前ですが)誰かの印鑑登録は出来ないようになっています。一方で、印鑑登録で使用した判子そのものが偽造されては意味がありません。
また、安価で購入できる印鑑などは、そもそも偽造する必要もなく同じものを購入することも可能なのです。そういった偽造行為等を防ぐために、実印にはゴム印などではなく、彩樺などのしっかりした素材で作られた判子を使用するのがお勧めです。彩樺の印鑑は耐久性が高く、万が一判子が壊れて使いものにならなくなる、なんてこともありません。
実印に登録している判子そのものが壊れた、などの理由で使えなくなった場合、再申請の必要がありますから、そういった手間も考えると少し高額な判子がお勧めです。

ピックアップ

実印の使い方と実印の持つ意味

そもそも実印とは何でしょうか? 実印とは自分が住民登録をしている区市役所に身分証明書と登録する印鑑を持参し、印鑑登録された印鑑を指します。実印の用途はとし…

TOP