印

シャチハタを実印に使うことは出来るか

ずばりシャチハタを実印に使うことは難しいでしょう。
判子の種類には、シャチハタ、認印、銀行印、実印などがあります。この中でシャチハタは、唯一朱肉を使わない判子のことで、銀行などで判子を押そうとすると朱肉を使ってください、と使用を断られることがあります。宅急便の受け取りなどでシャチハタを使う人は多いのではないでしょうか。受け取りのたびに、朱肉をつけていると手間ですからね。一方で銀行印には認印と呼ばれる、朱肉が必要な判子を使用されますよね。また、認印は前述した宅急便の受け取りにも使用が可能です。
さて、実印というのは、普通に使用可能な認印やシャチハタとは異なり、公正証書や不動産、自動車の売買などに使用する特別な判子なことです。ゴム印では勿論なく、彩樺などの素材を使用した判子を使われることが多いのではないでしょうか。
実印は自分がこれを実印だと思っていればよいのではなく、自身が住んでいる市町村、もしくは特別区の役所にて「印鑑登録」をする必要があります。
この印鑑登録をすることで、きちんとした証明を持った自身の判子、ということになります。基本的には「偽造行為を防ぐ」という観点からに三文判を使用することもお勧めできませんが、三文判は朱肉をつけることが可能なので、実印として登録することは可能です。

ピックアップ

実印の使い方と実印の持つ意味

そもそも実印とは何でしょうか? 実印とは自分が住民登録をしている区市役所に身分証明書と登録する印鑑を持参し、印鑑登録された印鑑を指します。実印の用途はとし…

TOP